TOC

This article is currently in the process of being translated into Japanese (~87% done).

Getting started:

Visual Studio Community

もう説明したとおりに、WPFはXAML(マークアップ)とC#/ VB.NET /他の.NET言語の組み合わせである。 全部Windowsのメモ帳も含めて、任意のテキストエディターで編集し、コマンドラインからコンパイルできます。 しかし、コードの書き込みから、インターフェイスの設計とコンパイルまではすべてを容易にするためなので、ほとんどの開発者はIDE(Integrated Development Environment)を使用することを好みます。

.NET / WPF IDEの推奨される選択はVisual Studioですが、かなりの費用がかかります。幸いなことに、Microsoftが、誰でも.NETとWPFを簡単と完全に無料で使用できるようにすることを決定したため、Visual Studio Communityと呼ばれるVisual Studioの無料バージョンを作成しました。このバージョンは、実際のVisual Studioよりもあまりに少ない機能が含まれているんですが、WPFの学習を開始することと実際のアプリケーションを作成するために、必要なのもすべてが含まれています。

ですから、マイクロソフトからビジュアルスタヂオコミュニティをダウンロードして行きなさい - 無料で、インストールすることと使うのが簡単ですよ。

https://www.visualstudio.com/vs/community/

ダウンロードとインストール次第、次の記事へクリックして、WPFの学習手順を始める!